Small Luxury Hotels of the World

生きた歴史

生きた歴史

1472年、ヒルシュガッセはロマンチックなハイデルベルクのラブストーリーで最初に登場し、町の年代記に掲載されました。ハイデルベルクの豪華なホテルである544年以上の伝統的なホテルでFamilie Kraftにより運営されているDie Hirschgasseというホテルは細心の注意を払って管理されています。 それは最も古いハイデルベルクのホテルだけでなく、ドイツで最も古いMensurhausです。 Graf von Bismarckはここで決闘をし、マーク・トウェインは彼の本で私たちについて書いていた。ヨーロッパを散策中、「海外のトランプ」と呼ばれていた。現在、私たちのロマンチックな豪華なスイートルームは、インテリアデザイナーのローラ・アシュリー(Laura Ashley)が手掛けるデザインによって魅力的な田舎の雰囲気と魅力を持っています。―中にはお城が見える部屋もあります。Dagersbachの植民地として小さなHirschgasseの谷について1261年にすでに言い伝えられていました。

ハイデルベルクの歴史的タイムテーブル

紀元前5500年

紀元前5500年

聖なる山で最も古い陶器の発見

紀元前600年

紀元前600年

ケルツは、ハイデルベルク地域内に登場し、聖なる山を占領し防備を固めた。

882年

882年

Ludwig III(年下の方)は、死ぬ2日前に、聖なる山をロルシュの修道院にプレゼントした。

891年

891年

聖山の聖ミカエル教徒の最初の言及(「聖堂...聖職者の中のモンテ・ノミナトゥール・アブレイシュ・モンの聖堂」)

900年

900年

Franconians(629-639)の王Dabobert I.(* 603、†639)は、実際の最後の外国人Merovingianだった。

1196年

1196年

SteingardenにあるWelfenの紋章が付いた墓の石。 1155年、Wormsの帝国の日、フレデリック・I・バルバロッサの異母兄弟であるコンラッドが、プファルツの地位を得ました。コンラッドは1195年に死去した。1196年彼の埋葬の際にハイデルベルクについての言及が初めて記録された。遺産は彼の娘アグネスを通し、義理の息子であり長男のHeinrich Iに相続された。

1261年

1261年

ヒルシュガッセの始まりは、東側にあり、かつてはLobenfeldのNunneryが所有していた。これはLobenfeldの農村部で確認された。1261年にさかのぼる文書からDagersbachの地所である植民地があることが証明されている。その年、財産に関する紛争に関連して、裁判所が開催された。 Wieblingen(現在ハイデルベルクの一部)に住んでいるIngramの家族が勝訴し、Wieblingenの不動産の所有者からの課税を放棄した。 Dagersbachの村はNeckar谷の人々が聖なる山へ巡礼にいく通り道としても使われた。

1386年

1386年

palatinate Ruprecht I.によりハイデルベルク大学が設立された。

1456年

1456年

6月24日、ハイデルベルクの学生は聖山を登り、彗星ハレーを見る。

1472年

1472年

フィリップ・アーンネストの裁判所で歌手、詩人、医師を務めたヨハン・フォン・ゾーストは、ヘッチンがまだ18歳の娘と息子のメルヒャーと一緒に通り過ぎたとき、物思いにふけりながらオールド・ブリッジに立っていた。ヨハンは娘の美しさに驚いて、メルヒャーの「私たちの花がもうすぐ咲くころの美しい庭「Tarsbach」でビールとワインを楽しみましょう」という招待を受け、その日に娘は彼のプロポーズを快諾し、彼は将来義理の母となる祝福を受けた。

1492年

1492年

10月12日、クリストフ・コロンブスはバハマのサンサルバドル島、そして後に中米の海岸に足を踏み入れた。

1530年

1530年

ハイデルベルクとクールファルツ地域では、繁栄の時代が続いた。城は1530年以降、ルードヴィヒ5世によって発展・拡大していった。

1583年

1583年

ハイデルベルクの宿屋とLord Heinrich Ekart主席は、ヒルシュガッセの敷地に、パビリオンと鯉の池がある庭を作った。

1618~1622年

1618~1622年

30年戦争開始。世界でも有名なTilly将軍が奪ったパラティナ文庫はローマの教皇Gregory XVに贈られた。

1689年

1689年

後継戦争の時代には、ハイデルベルクが急速に復興しました。しかし、これはまったく役に立たなかった.Ludwig XIVの部隊であるフランスのメラック将軍は、町と城を荒廃させて再び荒廃させた。

1789年

1789年

フランス革命の始まり。

1790年

1790年

1790年、フランス革命初期に、ゲルト・ディティエニーはヒルシュガッセの敷地を獲得 し、多様なハイデルベルク市民のための舞踏室となるよう設計された大きな部屋を建設した。この時期はゲストハウスの歴史が浮き彫りとなる。ロシア兵士がゲストハウスを略奪し、家主に彼らに宿舎を与えるように強制した。

1812年

1812年

7月31日、ハイデルベルクの市場市場で強盗団「木の唇」が絞首刑に処された。 "木の唇"や "黒いピーター"のような恐ろしい名前を持つ強盗はこの地域では恐れられていた。彼の隠れ場所の1つを当局に暴露した後の復讐を恐れて、ヒルシュガッセの家主は、夜には彼の側にピストルを置いておくことで安全と感じることができた。しかし、これのピストルは、彼が窓の敷居から泥棒らしき人物を撃つために使われた。

1817年

1817年

ヒルシュガッセの庭に位置するハイデルベルグ協同団体設立

1878年

1878年

Mark twainは学生同士の決闘を見るためにヒルシュガッセを数回訪れた。彼は非常に感銘を受け、ヒルシュガッセについてを彼の著書「A tramp abroad」で言及した。

1888年

1888年

最後の息子の死と将来の相続人でわずか32歳であったFritz Dietz。数ヶ月後、傷ついた母親Elisabeth Dietzは彼の後を追う様にこの世を去った。1895年、ヒルシュガッセは宿屋に引き渡され、最終的に1901年新しい所有者Zimmer一家に売られた。

1910年

1910年

ヒルシュガッセの歴史は、ハイデルベルクのOtto Petters Printing Houseに掲載されています。

1924年

1924年

ブロードウェイニューヨークのジークフリート・ロムバーグの音楽学生プリンスの初演。 608回のも上る公演では、アメリカで最も成功したミュージカルのひとつと言われている。このストーリーは、1472年のヒルシュガッセのラブストーリーを強く思い起こさせるもので、私たちの場合はハッピーエンディングであった。

1934年

1934年

聖なる山の「Thingstätte」に基礎石を敷くこと。この壮大な円形劇場は、国家社会主義者によって建設され20,000人の訪問者を収容できる。忘れ去られた長い年月を経て、今では、「三大テノール」など文化的なコンサートや「ヴァルプルギスの夜」(5月1日)を盛大に祝う場所としても使われている。

1935年

1935年

アドルフヒトラーによるマンハイム - フランクフルトの「ライツ・オートバン・ハイデルベルク」開幕。

1954

1954

The old duelling hall burns down. The fire brigade could not drive up the iced-up road to the Hirschgasse and therefore had to drive over the Philosopher’s Walk. Only three years later, it was built up again in a more modest way.

1968年

1968年

学生による抗議とデモの年。

1972年

1972年

Kraft一家がヒルシュガッセを買収。1960年代に建てられた以前の所有者からの建物内で行われた改修の罪は今では良い結果となっている。多額の投資で、ドイツの主要なカントリースタイルのホテルに変わった。。

1979年

1979年

最後の学生同士の決闘は決闘ホールで行われ、そのあと盛大なパーティーが開かれた。

1996年

1996年

ヒルシュガッセは母親Anni Kraftによって次世代に引き継がれていった。アーネストクラフトと彼の妻アリソンはヒルシュガッセをまた次の世代へと引き継いでゆく。ステラ、エミール、ハリー、エマ、テリア・ペッパーと一緒に撮った写真も残されている。